ノイズ対策!アースをとればこんなに違う!

アースをとることで映りが改善することがあります

テレビの映りが悪いときアンテナ線のアースはどのようになっているでしょうか。映りが良いときであれば設置したときの状態でアースは付けてないことが多いですが、もし映りが悪いのであれば、アースが地面に接している金属部分に付けることで、見違えるほどきれいに映ることもあります。アースが地面に接していないと周辺のノイズを拾いやすくなるために、映像が乱れたり場合によっては映らなくなるといったこともあります。ノイズの発生源は電源であったり、携帯電話の電波などが原因のことがあるので、テレビの受信感度を見て基準値以下であれば、ノイズ対策をすることをお勧めします。家庭内の電気器具からノイズが発生していることもあるので、気になったら金属でシールドしてアースに設置するという方法をとると改善することがあります。

ノイズ対策は業者にやってもらいましょう

受信感度を良くするには、アンテナの感度を測るレベルチェッカーがあるとすぐにわかりますが、通常は持っていないことが多いので、受信感度が悪いときはアンテナ専門の業者に調べてもらえば感度をあげることができます。電波は強い場所と弱い場所があるので、向きによっても映りが変わってきます。アース接地をして改善すればそれに越したことはないですが、ノイズの発生源を調べないことには改善しないこともあるので、ノイズ対策も合わせて行ってくれる業者を探すと改善します。費用は場所にもよりますが5000円から3万円が相場です。高所での作業になる場合は、それ以上になることもあるので、事前に見積もりをしてからアース接地の工事をしてもらうようにしましょう。

© Copyright Type Of Antenna. All Rights Reserved.